第三セクター

えちぜん鉄道 L形


武生駅にて 2020/05/06撮影


ベル前駅にて 2020/05/06撮影


従来のえちぜん鉄道とは見られない思い切った黄色の塗装色。


LED電光表示



早速入って行きましょう。


まずは全景から。床面と腰掛のグレーに浮かぶ背ズリのクリームイエロー。
多彩な腰掛配置が見られます。


運転台方向を見ています。
運転台裏手は仕切となる壁面に運賃表示器と運賃回収箱。


運賃表示は最新のフルカラー表示。
でも表示そのものは既存のものに似せてありますね。


運賃回収箱を取り囲むようにある握り棒。地味に配慮に優れているかと。


この空間は車椅子やベビーカー優先エリアでもあります。


運転台をちょっと覗き込んでみます。
車両中央にある運転士腰掛からの大きな運転台は運転しやすそうです。




大きくて天井まで届きそうな開閉扉。
扉上部は路線図が掲げられていました。


扉横には縦長の整理券発行器が備えられています。


昇降口は単なる警戒色の黄色だけではなくて!マーク。


側面もそう、できる限りのおおきな窓。
ちょっとした荷物棚がクロスシート上部にはありますが、
スリットが入っていてここも解放感を損なわないようになっています。



天井照明はやや間隔が離れた照明配置。


連結部に寄ってみましょうか。


機器を一部収納しながらも極力余分な部分はそぎ落とし、
曲線的で解放感のある連結部となっています。


これは・・車椅子用のスロープですね。




クロスシート、足元には壁面から送風口が見えています。
腰掛そのものは普通のベンチシートですがクッションが柔らかめ。


背ズリ同志は設えられた背面ボックスに沿うように取り付け。


運転台付近はホームとフルフラットとなるため床が下がっており、
より腰掛台の高さを感じます。


こちらは連結部寄り出入口前の腰掛。
クロスシートと同じ腰掛が扉に向いて配置。


腰掛は独特の形状で通路側には肘掛の変わりに古墳のような形状の肩肘当て。


背ズリ上部には公園で見るような握り棒が付いています。




福井鉄道 L1系福井城址大名町到着です。(6分18秒) ダウンロード[fukutetu-L1_fukijyoshi-daimyomachi_arrival.mp4](284,382KB)




☆沿線の風景☆  ちょっといい駅 えちぜん鉄道「三国港駅」

☆沿線の風景☆  ちょっといい駅 えちぜん鉄道「下兵庫駅」

☆沿線の風景☆  ちょっといい駅 福井鉄道/えちぜん鉄道「田原町駅」

☆沿線の風景☆  ちょっといい駅 えちぜん鉄道「発坂駅」



他のページも見てやってください。