第三セクター

北近畿タンゴ鉄道 KTR700型


西舞鶴駅にて 03/08/03


宮津駅にて 06/12/28


豊岡駅にて 09/03/28



早速車内へと入っていきます。


車内全景です。この車両最大の特徴である転換腰掛が左右にずらりと並びます。
やはり宮津線の路線の長さから、乗車時間を考えてこのような仕様にしたのでしょうか。


天井はすっきりと。照明が天井通路にしか設定されていませんのでこのように雨の日はちょっと暗く感じます。


運転台の様子です。当時の標準であった運賃回収箱、整理券発行機が設置されています。
運転台そのものは仕切りで覆われ、入り口も引き戸で囲まれるためそのままでは中は見えません。


運賃回収箱。


運転台内部の様子。


運転士腰掛は折りたたみ式で客室と同じ表皮でした。


出入扉は化粧板が貼られていない、そのままのもの。引き戸です。


高いステップ。


運転席とは対面の部分。前面展望の下には機器箱。


頭上には運賃表示器があります。


西舞鶴寄り運転台近くにはトイレもあります。第三セクターでもかなり路線の長さがある北近畿タンゴ鉄道、
これはぜひとも必要な設備ですね。


でそのトイレは必要最低限の狭小幅での扉、空間。


なおトイレすぐ横の壁面には新設に鏡が壁面に取り付けられています。


トイレ横の壁面には握り棒がつけられ立席空間としても機能。


出入口付近の仕切り。これは転換腰掛再前列は足元がそのまま出入扉に投げ出されることになるから、
このような仕切りが設けられたものと思います。そしてこの仕切り、収納式の腰掛も収められています。


軽快気動車では最近の車両でこそ窓は広くなりましたが、この車両当時のものでは珍しいのではないでしょうか。


窓下にある小物が置けるテーブル。通路側はヒジ掛に収納されたテーブルを使用します。


さて腰掛ですが、緑色の表地に模様付の枕カバーがつけられた、なかなかの豪華な仕様とも言えるものです。
座席間のピッチが狭いため充分な寛ぎと言う訳には行きませんが、柔らかめな座り心地にまずまずの満足感を得るのではないでしょうか。


側面のヒジ掛けです。腰掛に対してちょっと大きく感じるヒジ掛には、


収納式のインアームテーブルがあるからだとは思います。ちょっと出しにくいのですがね。


足元にはバー製の足掛。


背ズリ通路側には立席者のために取手が取り付けられております。



右クリックで新しいウィンドウを開けてご覧ください。

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 豊岡駅発車前案内放送 2009/03/28 (45秒)
ダウンロード[ktr700_guidance.avi](38,134KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 豊岡駅出発 2009/03/28 (1分20秒)
ダウンロード[ktr700_toyooka-st_start.avi](66,485KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 木津温泉駅到着 2009/03/28 (29秒)
ダウンロード[ktr700_kituonsen-st_arrival.avi](24,990KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 丹後神崎駅到着 2009/03/28 (1分19秒)
ダウンロード[ktr700_tangokanno-st_arrival.avi](66,143KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 丹後神崎駅出発 2009/03/28 (45秒)
ダウンロード[ktr700_tangokanno-st_start.avi](37,675KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 栗田〜丹後由良間車窓 2009/03/28 (41秒)
ダウンロード[ktr700_kunda-st_tangoyura-st_kan_view.avi](35,187KB)

京都丹後鉄道(旧北近畿タンゴ鉄道)KTR700系 丹後由良駅〜由良川鉄橋通過 2009/03/28 (3分4秒)
ダウンロード[ktr700_tangoyura-st_start_and_yura-river_go through.avi](154,730KB)



他のページも見てやってください。