JR九州

885系「デッキ編」


長崎駅にて 2000年05月01日撮影



ギャラリー



大きく書かれた筆跡が美しい。
ここを通り抜けるととても車内にいるとは思えません。



電話室、携帯コーナー


先に進むと透明なグリーン色の扉で仕切られた個室が出てきます。


扉上部には電話のマークが。明確にこの車両では電話する空間が設けられています。


カード式公衆電話が。扉のお陰でゆったりと話せます。
おや、木製のベンチも見えていますね。


こちらは携帯電話コーナー。ここまで携帯のために明確に仕切られた空間が設けられたのは、
この車両がはじめてではないでしょうか。肘掛にも簡易テーブルにもなる
これもベンチとおなじ木製のテーブルが側面壁に取りつけられています。
これで車内で迷惑になることもないし、デッキでの騒音で話づらいこともないですね。



販売コーナー



東海道・山陽新幹線と同じように車両片面には大きく設置された冷蔵施設が。
明るく照らしだし、この空間を上のショップの文字が販売エリアの存在を示しています。


ショップ以外にも自販機コーナーもあります。
もちろん通常はなにもない空間もこの車両では無駄にはしません。
通路の導線からは決してそのまま自販機の商品が見えるのではなく、
外の景色を写しだし、全体の雰囲気を損なうことがない配慮が感じられます。



2022年04月30日撮影

ギャラリー



流れるような毛筆は青字となっていました。

販売コーナー



3号車デッキの様子です。


3号車デッキにある冷蔵庫。
一部列車を除き車内販売終了のため、中身は空です。

電話室、携帯コーナー



公衆電話があった空間は今はMULTI SPACEとなっています。


こちらは携帯コーナー継続。


なお対面はちょっとした立席スペース、テーブルが用意されています。



デッキの空間のゆとり


普通車デッキの空間のゆとりを感じてみてください


大きく下まで窓枠が採られてリラックスできる空間となっています。
右上部には沿線の案内をするモニターも見えていますね。


右手に目をやると大きく明るい間接照明に照らし出された木製の壁が。
チェック柄の優しい色合いにほっとさせられます。
その下にはかわいいベンチが。


ここに座って外を眺めているのもいいですね。


違った空間ではこのような入り口からおしゃれなトイレが見えています。
入室は真中の電光式の表示でさりげなくわかります。

次はいよいよグリーン車両デッキです。



デッキの空間のゆとり


いよいよグリーン車デッキの空間の贅沢を感じてみてください


普通車デッキよりもさらに大きくとられたグリーン車デッキ。
ピンクの蛍光色に照らし出されて始まります。


グリーンの空間に入ろうとすると左手にはこのような先程の同じ木製の壁が。
優しい木目を照明が照らし出し、さらにエンブレムがこの車両の違いを感じさせます。


和紙の透かしが入った仕切。中の照明と出入口の赤の蛍光色が溶け合っています。
これも狙いなのでしょうか。


中に入ってみると実はデッキというよりはグリーン室の延長のような空間が広がっていました。


左手にはグリーン車専用のトイレが。
当然グリーン車の雰囲気に合わせて入り口も木目です。
でもこれ、トイレに感じられますか?とてもそんな風には思えないほどです。


トイレの中は一転ステンレスの落ち着きのある光を感じる内装となっています。


こんなところにも木製のちょっとしたテーブルが。
トイレには特に女性は鞄等を持って入ることが多いので嬉しい配慮です。


右手は奥に大きなガラスとモニターのついた大きな空間が広がっていました。
なんでしょうか。客室でもデッキでもないようなこの空間。
座っていることにちょっと飽きたらここで外を眺めながらぼんやり過ごす。いいかもしれませんね。
先程の和紙で透かした仕切の背面はこのようになっていました。

2020年12月27日撮影


出入扉には左右からほんのりと薄く赤く照らし出しています。


すぐそばには男女兼用トイレ。


同じく照らし出され木目も美しいデッキ空間。


曲線壁面にあるちょっとした腰掛。


床まで切り取られた大きな窓枠に立ちで寛ぐときのためのテーブル。



マガジンラックにちょっとした隅用テーブル。


奥まったところには女性専用トイレもあります。


大きな摺りガラスの客室扉。


こちらに画面。



こちらデッキは両側オープンスペース。



ちょっと腰をかけるのにいい木製腰掛。




グリーン車へと。


客室までの短いながらもアプローチにはサービスコーナーがあります。



2022年4月30日撮影


2号車デッキ扉横に広がる大きな毛筆文字。


そのままトイレ壁面となり曲線のトイレへと繋がります。




他のかもめの世界にも足を踏み込んでみて下さい。