JR西日本

 JR東海

サンライズ「瀬戸」「出雲」



高松駅にて



ちょっと車内を探索。

デッキとの出入扉はご覧の通りとなっています。
ここでは内装が白を基調とした金属的なものですが、
一歩中に入ると・・・


ご覧の通り木目調を基本としたものへと変わり、印象が随分違います。
この木目調が内装ではサンライズの最大の特徴です。


シャワー室です。わりと広めな空間の中に左手にあるような機器があります。
乗車が夜遅かったので私は使用しておりませんが、
大柄な人でもそれほど困るようなことはないスペースでした。


ミニサロンです。両側には大きな窓にテーブルがつけられており、
中央の通路とは木製の肘当てがついた仕切で区切られています。




のびのび座席

深夜ののびのび座席の様子です。
通路とのびのび座席の間にはカーテンが引かれています。
また窓側にもカーテンが引けるようになっていますね。
上段と下段と分かれています。


のびのび座席を覗くとこんな感じになっていました。 まあ、のびのびフロアといったところでしょうか。
カーペットが敷かれ、コーナーには一応カップフォルダーが設置されています。
右手には装備品の枕も見えていますね。
左右とはカーテンで仕切られるだけですが、簡易的に個別の空間が出来るので、
そのへんは配慮がされています。
また寝返りもうてる余裕の広さで、お得な「座席」ではないかと思います。



シングルDX


木目調の室内は大変落ちついていて、色彩としても優しい感じです。
ベッド奥には荷物棚もあります。
右手の車体形状が良く出ている、窓の形状が大変柔らかい感じがしますね。


こちらは洗面台です。壁に設置されている照明が気が利いています。


左手の画像は洗面台腰掛です。まあホテルの備品といったところでしょうか。
そして右手画像は液晶ディスプレイ。衛生放送を中心に車内で楽しむことができます。


この暗号式ロックを実際に使ってみて、私は少々面倒に感じました。
ボタンを押すことと、暗号を記憶しておかなくてはならないのが、
ちょっと寝ぼけている時は、しんどいかもしれませんね。(^0^)
まあ、その分セキュリティは高いのですが。


浴衣、スリッパ、布団一式。清潔感あふれていて、全く問題はありません。
なお、スリッパはシングルデラックスでの装備品です。



B寝台個室

当然のことながら、シングルデラックスに比べて随分せまくなりますね。
ですが、こちらはまだソロにくらべてシングルですので、比較的高さに余裕があります。
壁側面にはオーディオサービスをはじめ各種調整機器が取りつけられています。


反対側は出入扉のすぐとなりに大きめの鏡が取りつけられており、
その下には小物が置ける棚があります。
左下のノートは気にしないで下さい。もちろん装備品ではありません。(^O^;;
どの個室でも同じですが、取りつけのコンセントは一般の家電製品とは電圧が異なり、使用できません。



上記シングルデラックスの画像は杉岡氏 にご提供頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。
またこのページにおける画像の全ては 杉岡氏が所有するものであり、断りない無断使用はお断り申し上げます。




他のページも見てやってください。