地方民鉄

関東鉄道 キハ310系

広い関東平野を駈ける関東鉄道。
沿線も広々とし、開けた畑が広がる地域も走りますが、
常磐線、そして将来のつくばエクスプレスなどベットタウン
として今後期待される地域でもあります。




取手駅にて 02/01/12

都心へ向かうJRとは別の雰囲気を持つホームで、気動車が発車を待っています。





外観の肌色にこの車内の赤っぽい感じ。これはこれで統一感がありますか。
バケット形状はない基本のロングシートが両側に展開しています。


緩やかな曲線がなんとも美しい天井にはいまや珍しくなった雰囲気。
等間隔おきに続く蛍光灯がなんとも。


貫通路の様子です。大きくはないですが扉もあります。
扉の廻しノブが時代を感じさせます。


標準通勤車向の出入扉。その扉への床のアプローチは軽いスロープがついています。


一部にはこんな簡易冷房機器が備え付けられています。お陰で荷棚は使えません。


腰掛仕切はパイプで仕切られたもの。
座り心地はやや柔らかなものですが、やはりこれは経年によるところが大きいでしょう。



☆沿線の風景☆  関東鉄道 水海道駅



関東鉄道 キハ310系取手駅を出発(1分44秒) ダウンロード[kiha310-toride-start.rm(420KB)]




他のページも見てやってください。