大手民鉄

京浜急行電鉄 600系



浦賀駅にて 05-08-21

次世代代通勤車両としてオールクロスシートで登場も、最近ロングシート改造の車両も有り。


馬堀海岸駅にて 05-08-21


ブラックフェイスの顔だからと思ったら以外に側面はクリーム色。



早速車内に入っていきます。


まずは車内全景。クロスシートがずらりと並び、暖色系の腰掛表地に白々とした化粧板が対照的。


基本の2人掛固定腰掛。座り心地はやや硬めで頭を受け止める枕カバーも同様ですが、
私鉄一般車両では珍しいソフトレザーを縫い付けられています。


出入台には補助腰掛。普段は収納されており、ラッシュ時以外はランプの点灯が消えて使用が可能です。


天井にはラインデリアのデザイン感溢れるもの。


照明もほとんど間隔が空くことなく車内を明るく照らし出します。


日除けはやや色掛かった照明もほとんど間隔が空くことなく車内を明るく照らし出します。


先頭車には車椅子スペースが扉すぐ横に用意されています。
車椅子の高さに合わせた掴み横棒に固定用ベルトが収納された引き出し式収納箱も見えています。


妻部ももちろんクロスシート。貫通扉にはこれまた美しい扉で窓向こうに隣の車内が見えます。


妻部には優先席がありますよ。ここは従来とは長さの違う長さの黄色吊革があるんです。


腰掛は一般の腰掛に同じですが、優先席の案内明示と腰掛表地は青色を採用しています。


運転台に近づきました。特等席がちょうどここにあります。
ほぼ前面が楽しめる開放感溢れる業務員室との仕切りにある窓は嬉しい配慮。


こちらは運転台となります。運転士腰掛は折りたたみ式。


腰掛そのものはシートピッチを除き全く他と同じ2人掛固定シートとなります。


どうしても出入口の空間を確保したいために狭い足元。そのため斜めに業務員用室に足元が広がります。



他のページも見てやってください。